商売をしてるといろいろと悩むものですが特に売り上げが少なくなるとこれからどうしようかと考えてしまいます。

(・・・あぁ、このままやったら冬には童話の少女のようにマッチでも売らんとあかんなぁ。売れればいいけど売れんかったら教会にもぐりこんでルーベンスの絵を見ながら犬に向かって「・・もう疲れたよ・・なんだかとても眠いんだ・・・ハンスのアホッ!」といいながら飢えと寒さで死んでしまうんやろか・・・)

などと一週間に八度は考えてしまいます。



こんなことばかり考えていると精神衛生上よろしくないので 
頑張った月にも頑張安利呃人れなかった月にも 
自分にご褒美をあげることにしております。
月に一度は通天閣に行って串カツを食べに行くことにしております。



・・・



まだ僕が実家に住んでいた頃DR REBORN投訴の夏でした。友達と一緒に例のごとく通天閣に行って来ました。

先ず通天閣のド横にある銭湯で汗を流して咽喉をからからにしてからいつもの串カツ屋になだれ込みいつものように
「生中4つ!!」
の注文からはじまり、好きなものを子供のように食べました。
ビールもアホみたいに呑みました。

いい気持ちになって通天閣から日本橋方面に向かいました。
秋葉原ほどではありませんが日本橋はいわずと知れた 電脳街 オタクの街 です。
ふらふらしているとそこで僕が前から欲しいと思っていたものがものすごく安く売られていました。
それは 

萌えー 

と画かれたTシャツでした。

酔いも手伝って飛びついて買ってしまいました。
それからいろいろ買い物を済ませました(ちなみにフィギアとかアニメ関連のものは一切買っておりません。あくまでも仕事に必要な用品のみ買いました。べっ、別に信じようが信じまいがあんたの勝手よ!)。


大阪駅からの電車眼霜のなかでその日買ったTシャツなどその日の戦果を見ていると買い物袋の中に買った記憶のないものが入っておりました。
それは 着せ替えフィギアのカタログ でした。萌え系のフィギアのかなりマニアックなものでした。
恐らく僕が買ったものの袋の中に店がチラシとして入れていたものでした。

(・・このTシャツでさえ変な目で見られるかもしれへんのにこんなマニアックなフィギアのパンフレットなんか親に見つかったらある意味 エロ本 が見つかるよりも哀しまれるがな・・)

見た目は大人 頭脳は子供 の僕は帰り道のどこかで捨てようと思いましたが、捨てているところを見つかってしまうと不審者に思われると思ったので結局は家まで持って帰りました。

Tシャツはタンスの奥に突っ込みました。
袋とパンフレットをどこに隠そうかと思案してうろうろしているといつの間にか袋とパンフレットをどこに置いたかわからなくなってました。

僕も酔っていたので、まぁいいか・・・と気持ちよく眠ってしまいました。



・・・



次の日、僕が仕事から帰って来ると僕のベッドの上になくなったはずの パンフレット が 礼儀正しく 置いてありました。

・・・その置き方には 哀しみ が感じられたとです・・・


・・・


タンスに突っ込んでた 萌えー と画かれたTシャツ・・・

・・・親父が着てたとです・・・


・・・


拙者、今年45歳になったとです・・・





甲辰です・・・甲辰です・・・甲辰です・・・