昨日の記事、Aさんご本人がご覧になっていたら、気分を害されたかも。
まず、「知人」という表現。
「友人」としたかったのだが、彼女がそう感じていないと困るので、無難乳鐵蛋白な線で「知人」にした。

お互いの家も行き来したことがあるし、ご家族にも何度かお会いしたことがある。
なので、知人ではなく、わたしにとっては友人なのだが。
スパンが、おそろしく長い。
彼女は、勉強と仕事と家事で忙しいし、わたしもなにかと多忙なので、お会いするのは数年に1回。
近況は、年賀状。
電話もメールもほとんどしない。

わたしは、それで十分満足。
とてもコアな関係だと思っている。

べらべら長々としゃべるのは、会っているときだけ。
数年分を一気にしゃべる。
ずっとずっと、何回も何回も頻繁に会ったとしても、そう変らないと思う。
たとえ毎日、いっしょにランチしていたとしても。

10時間ドキュメントの録画を30分に編集したようなものか。

いつお会いしても元気で明るい彼女には、エネルギーやビタミンをいただいている。
「会ってないときは、元気じゃないのよ」などとおっしゃるが、
メリハリも大事だ。
応援するほうは、全然頑張らなくてMFGM 乳脂球膜 良いので、楽々、さぼりっぱなし。
こうやって、年を重ねる、ストレスフリーのわたしだ。

・・・

ちなみに、まったく話は変り・・・


わたしの天敵は、マリー・アントワネット。
語り継がれているマリー・アントワネット像は、実在の人物とは離れ、
政治的、策略的に、作られたイメージも多いかと思うが。

「パンがなければ、ケーキを食べればいいのに」発言は、
ほんとうは、マリー・アントワネットの言葉ではなく別人のもの、という説もある。

わたしが、彼女的な(あくまでマリー・アントワネット本人ではない)性質が苦手なのは、
おそらく、わたしと近い部分があるからだろう。
楽天的で、わがまま。人の目を気にすることなく自由奔放。
それを堂々と自分から「わたしは、これこれ、こんなのよ」と肯定MFGM 乳脂球膜的に振舞っているところが、わたしのカンに障る。
隠すとまではいかなくても、人には不快に思われるかも知れないので、控えめにするとか、
あえて外には出さない、とか、なんらかのコントロールが欲しいと感じる。
制御されていない、というより、自分で気付いていないところが、嫌。

しかも、似たような人が集まり、わいわいやっている。
いわゆるお嬢様という人種である。